--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.25 *Wed*

職業病

L_297.jpg

会社斜め向かいの元ガソリンスタンドがあったところの敷地に、

たくさんの重機がやってきて毎日工事をしているのを見るのが楽しみです。

こんにちは、エイムハウス採用チームの高辻です。


この業界に足を踏み入れて、

世の中の色々な物の見方が変わってきたような気がします。

前述にあるような、工事現場にしても以前なら、

「工事の音がうるさいなー」

「重機が残していく泥がすごいから、歩いてて靴が汚れちゃうよ」

くらいしか感じなかったのに、最近だと

「何階建て?地下はあるのかな?いつ竣工?」とか

「どんな仕様の建物になるんだろう?」とか

「マンションならいくらくらいの価格・家賃なんだろう?」

「幹線道路道路沿いだと騒音はどの程度なんだろう?」

「どんな人が住むのかな?」

「自分が住んだらどうなるのかな?」


なんてことまで考えてしまいます。


コレッて、明らかに【職業病】ですよね。

私は営業職ではなく、直接お客様にお会いしたり

物件に触れたりすることのない立場にもかかわらず、

色々興味が沸いてしまうんですから、

当の営業社員はもっと色々考えを巡らしているに違いありません。

「建築主は誰(どこの業者)だろう」

「この敷地面積なら、戸建て4棟は建てられるかな?」

「いや地下工事したら、コストが嵩むよねー」

「自社事業としてするのなら、どのくらい収支が上げられるかな?」

「利便性のいい立地だから、お客様にお勧めしやすそうだなー」

「前面道路が広いから車庫入れがし易そうだ」


等々、ついつい考えてしまうことでしょう。


でも、誰からも教えられたワケでもなく、

自然と染み付いてしまっていく「いい病」かと思います。


当社代表は、きっと相当の重病人でしょうね。
関連記事

COMMENT

Comment Form


非公開コメント


TRACKBACK

TrackBack List



08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © エイムハウスの人事ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ ・・・ 素材: chaton noir ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。