This Category : 社風・職場環境

--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.27 *Fri*

社長からの差し入れ300本+200食!!

L_298.jpg

こんにちは。エイムハウス新卒採用チームの吉田です。

昨日会社に出社すると・・・

どどーーんと山積みにされた

栄養ドリンク&カップラーメンが!!


これら全て社長からの差し入れです!!


GWに向けて毎年恒例の差し入れとなりました。


GWは世の中が連休モードになりますが、

お客様がお休みとなるそんな時こそ活気づくのが不動産の仲介会社です。

そこで、体力をつけるために栄養ドリンクと、

忙しくて時間がない時にでも手軽に食べられるカップラーメン

大量に購入して準備を整えているのです。


それにしても年々量が増えてきているような気が・・・。


その数なんと300本&200食!!


それだけ若い社員が増えているということなのでしょうか。


社員一丸となり、気合いを入れてGWにむかいたいと思います!


2012.04.21 *Sat*

性別も社歴も関係なくチャンスがある会社

画像 017


スッキリしない天候の土曜日ですが、先日入社したばかりの新入社員に
初契約のチャンスが来るかもしれない
と、心躍っています。
エイムハウス採用チームの高辻です。


さて、今回のお題についてですが・・・

入社6年目の女性社員の私が感じる範囲でお話しますと、

女性にとって働きにくい職場ではないと思います!


そもそも「女性が働きやすい職場」の定義が分からず、一瞬悩んでしまいました。

「女性にとって働きやすい」というのは、一体どんなことでしょうか?

逆に「女性にとって働きにくい」というのはどんなことでしょうか?




私個人的な意見として申し上げますと、一概に「働きやすい」「働きにくい」と言っても

受け止め方や考え方には個人差があり、働き方も様々だと思うのですが・・・

他の女性社員はどのように感じているのかと思い、

以前に当社の女性社員(営業職を除く)を対象にアンケートを実施したことがあります。


【働いていて不便なことはあるか?】

→特にない。
運動系の社内行事で、男女混合は体力的にキツイくらい(笑)。


【将来の不安は感じるか?】
→特に感じない。自分次第だと思う。将来性のある会社だと思うから不安はない。

【女性が働き続ける上で大事なことは何か?】
→明確な目標を持つこと。男女関係なく自分の魅力を活かしていくこと。



「女性で不動産の営業職というのは採用されにくいのでは?」

という質問もよく聞かれますが

当社は現在、男女の性別にとらわれずに採用活動を実施しています。


当然かと思いますが、男性○名で女性○名という比率を前提にしていません。

現在の社員の男女比は、男4:女3 くらいですし、

採用対象としている営業職の仕事内容も、性別に関係なく割り振られています。


昇給昇格には、公平な人事考課制度が設けられており、

性別や社歴に関係なく実績が評価されますので、

平等にチャンスがあります。


なお、2011年度入社の同期のうちでは、女性がNO.1の業績を残しており、

現在も大活躍中です。

2年目の女性営業社員が営業職においてリーダー職になる日も近いと思います。



そして何よりも、当社代表は以前より『女性が活躍する会社にしたい』

と女性の活躍に大変期待しており、女性営業職の採用にも積極的なのです。




▼まずは代表が語る会社説明会にて、会社の雰囲気を感じていただければと思います▼
     <会社説明会へのお申込みはコチラから>



2012.04.19 *Thu*

毎日いろんなメニュー

L_291.jpg

社員食堂と聞いて「学校給食」や「学生食堂」を思い出し、
妙に懐かしく感じてしまいました。
採用チームの高辻です。

「社員食堂」ですね。

はい、当社社内には、そのような食堂たるものは存在しません!


会社規模も小さいですし、そのような食事スペースも今のところございません。

そもそも、社会人になってまで、時間に縛られ食事をしたいのでしょうか・・・。

学校みたいで、私は個人的に避けたいところです。


それに「時間になったら、食堂に行く」

これって自発的・能動的な行動を削ぐとは思いませんか?

当社のような営業会社には、 「昼休み」という概念がありませんので、

食堂自体必要ないのかもしれません。


とは言え、社員食堂は安価でバランスが取れて、

1人暮らしの社員には重宝するのかもしれませんね。



当社には、社員食堂はありませんが、

困ることや不自由なことは一切ありません。

それは、自分でスケジュールを調整し、

上司や同僚と食べたいメニューを決めて

行きたいお店に車で出向くことが可能だからです。





「今話題のあの店のランチ、今度行きましょうよ!」

「○○のラーメン、食べに行かない?」




こんなやりとりがあり、なんだか平日の楽しみの1つになっているようです。

更には東京23区南部エリアのあらゆるお店の

ランチメニューを楽しめるわけです。



つまりは、商圏エリアがまるごと「社員食堂」みたいなものでしょうね。

2012.04.03 *Tue*

電話と昼食のフクザツな関係2

L_278.jpg

エイムハウス採用チームの高辻です。

写真は、営業社員がおいしそうな天そばを出前していたので、

「ちょっと伸びてません?」「エビ微妙ですね」とか他人の食事に色々つぶやきながらも

本人の許可を得て撮影したものです。


さて、前回当社の昼休憩について、お話をしましたが、その続きです。

社内事務所で昼食をとる際、全員一斉にご飯を食べ出す、ということはありません。


理由は、2つあります。


1つ目は、
【それぞれの仕事内容やスケジュールが異なる為】です。

お昼時に お客様との約束や外出予定があれば、時間をずらして食事をします。

時にはあまりにも多忙で、車の中でパンやおにぎりをかじってお昼を済ませてしまうことや、

やむなく昼食時間が16時を過ぎてしまう営業社員もいます。


そしてもう1つの理由。

【電話対応をする為】です。


世の中のほとんどの会社には、電話が設置してあり電話応対をしますが、

大手企業でない限り、社員の誰しもが電話対応をしなければなりません。

どこかの総合窓口で電話を受けて、担当部署に取り次ぐなんてことはありませんので、

当社でも例外なく すべての社員が電話窓口対応をします。


ですからお昼を食べている間も、電話がバンバン掛かって来ます。

基本は、1コールで電話に出なくてはなりません。

全員で食べていたら、電話の相手を待たせしてしまいます。

モグモグしながら電話に出るなんてことは、以っての外です。


外出する社員が多く、事務所内に残って電話応対する人が少ない場合、

みんなバラバラと食事をしないとなりませんし、

ゆっくり食べていられません。

もしお客様から電話が掛かって来ても、

「あいにく○○は食事休憩をいただいておりますので・・・」

なんてことは、当社では申しません。



食事中であっても、箸を置いて、電話口に出ます。

お弁当が冷めようがラーメンが伸びようが、仕方がありません。

だから、どの社員も昼食は早く食べるクセがついてしまっています。

お昼休憩の合間も社員は大忙しなのです。


その代わり、自分の責任とタイミングで

仕事の合間にこまめに休憩をとることが可能です。



2012.04.02 *Mon*

電話と昼食のフクザツな関係1

L_277.jpg

エイムハウス採用チームの高辻です。

写真はとあるお昼時に、出前で定食を注文し今まさに食べようとしているMくんのデスクです。

牛スジ定食だそうです。


さて、当社には、 「昼休憩時間」というものの概念がありません。

学校みたいにチャイムが鳴るなんてことも、

誰かが「お昼だよ~」と声を掛けるなんてこともありません。



営業社員は、日中は外出することも多いのですが、社内に居ても

各自自分のスケジュ-ルを調整しながら、合間で食事やコーヒーブレイクをとっています。

内勤社員も各自のスケジュールを調整して、タイミングを見計らって休憩をとります。

社内事務所で昼食をとる際、

「全員一斉にご飯を食べ出す」ということはありません。



理由は、2つあります。

1つ目は、上記にもあるように、

【それぞれの仕事内容やスケジュールが異なる為】です。

お昼時に お客様との約束や外出予定があれば、時間をずらして食事をします。

時にはあまりにも多忙で、

車の中でパンやおにぎりをかじってお昼を済ませてしまうことや、

やむなく昼食時間が16時を過ぎてしまう営業社員もいます。



さて、もう1つはどんな理由だと思いますか?


次回へ・・・

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © エイムハウスの人事ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ ・・・ 素材: chaton noir ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。